News

2018.6.21

「石田衣良のパブリッシュサロン」会員の募集の受付けをはじめました。

2018.1.26

1月26日に会員の皆さまと石田衣良が交流するオフ会を開催しました。

2017.9.1

10月24日に会員の皆さまと石田衣良が交流するオフ会を開催しました。

2017.4.1

石田衣良ブックサロン4月1日オープン!

石田衣良の パブリッシュサロンの メンバーになる 会員情報変更 サロンで できること
オフ会
サービス概要
サロンメンバー の声
お問い合わせ

世界は先が見えず、ネットには攻撃的で強い言葉ばかりはびこっています。「普通」にしっかりと生きている人が生きづらい困った時代です。でもほんとうは迷いながら、毎日をしっかりと生きている「普通」の人こそ、主役なのです。

 

そんな人同士が集まって、本や音楽や社会の話、仕事や恋愛やこれからの世界の話を、のんびりと大人の余裕をもって話し合う小さな社交場=サロンをつくれないか。

 

そんな想いからこのサロンは始まりました。

 

ユーザとして−−−石田衣良の世界観を味わう。生まれたコンテンツを体験する。

クリエイターとして−−−サロンでの出会いを通じて、創作に打ち込む。

プロデューサーとして−−−サロンで見つけた原石を、世の中に届ける。

 

それぞれがそれぞれの関わり方で、フィクションを楽しみ、自分の生活を豊かに、展開するためのホームグラウンド。

 

誰もがクリエイターで、誰もがユーザーで、そして誰もがプロデューサーになれる時代です。

 

フィクションという入れ物を、ただ味わうだけではもったいない。アイデアの原石を、研ぎ澄ませる工程も楽しめる場所にしたいと考えています。

 

肩書きの垣根を超えて、みんながそれぞれの想いを叶えるための場所を、オンライン上に作りました。

Message

パブリッシュ(=コンテンツを世の中に送り出す)ためのプラットホームに身を投じて、世界をフィクションの渦に巻き込もう!

サロンでできること ユーザーとして

・石田衣良のオリジナルエッセイを読むことができる

毎月、石田衣良がサロン会員のために書き下ろすエッセイには、明日をより良くするヒントが詰まっています。

 

・ゆる放談を読むことができる

プロインタビュアー早川洋平を聞き手に、政治、経済、社会、エンタメなどのニュースの中から、石田衣良が気になる話題について、対談記事にしてお届けします。時には映画化、ドラマ化した作品の撮影の裏話や、オフレコトークが飛び出すことも。

 

・ブックレビューを視聴できる

石田衣良がおすすめする作品を月に2回動画で紹介します。珠玉のエンタメ漫画や、将来有望な作家の小説、現在の問題を読み解くための経済入門書など、感性を磨くための本を取り上げます。

 

・podcastへの参加

石田衣良のポッドキャスト番組「恋と仕事と社会Q&A」と連携し、サロン会員は優先的に質問を採用。さらに、収録後すぐに動画をサロン内で公開。ポッドキャストの配信よりも一ヶ月以上先にお悩みの回答を得ることができます。

 

・オフ会に参加できる

ワンシーズンに一度、オフ会を開催。石田衣良を囲んで懇親を深めます。2018年1月はショートショートコンテストの講評会、4月は屋外でバーベキューをしました。不定期で石田衣良が会員さんをインタビューするコーナーも実施し、会員がお互いをよく知る機会を増やしています。一部サロン内でライブ中継しますので、当日来ることができなかった方も映像を楽しむことができます。

クリエイターとして

・クリエイティブワークに参加できる

年に2回、ショートショートコンテストを開催します。すべての投稿作品に石田衣良の講評がつき、優秀な作品はサロン内で表彰。作品をすべてまとめた冊子を会員全員にプレゼントいたします。ショートショートコンテスト開催月以外は、毎月のテーマに沿った課題にチャレンジすることで、創作のセンスを磨くことができます。

プロデューサーとして

・会員同士で交流できる

オフ会やサロン内のスレッド、クリエイティブワークなどを通して会員同士のつながりも深まります。

2018.6.21 「石田衣良のパブリッシュサロン」会員募集の受け付けをはじめました。お申込みの方は、下記ボタンよりお申し込みください。

石田衣良の パブリッシュサロンの メンバーになる
過去のクリエイティブワーク例

[俳句コンテスト]お題は「春」「蝶」「たんぽぽ」

俳句作りは初めてという方がほとんどの中、63句も集まりました。受賞作はこちらです。

真夜中の 砂場横切る 蝶の影 (伊藤圭)

石田衣良評:みんな蝶というとかわいい世界に行くんですけど、伊藤君だけ鋭くとがったシャープな世界なんですよね。砂場に落ちる蝶の影だけを読むという高等テクニックです。

物干しの シャツに蝶 父の命日 (藤田真純)

石田衣良評:これはうまいですね。5.7.5のリズムを壊しているんですけど。人が亡くなった後に虫を見ると、「あ、お父さんが戻ってきた」って感じるじゃないですか。その気持ちをさらっと表現しています。

※俳句以外にも、「『娼年』の帯のコピーを考え、作家本人が講評するワーク」など、毎月テーマを変えて開催しています。

石田衣良のパブリッシュサロンの メンバーになる

たんぽぽが 道標かな 初登校 (笹子理紗)

石田衣良評:本当にかわいい初めてのおつかいみたいな句です。俳句は本当に反応がいいので、今度は夏に「ビキニ」をテーマにやってみたいな。みんな、着るか見るかよろしくね(笑)。

 

オフ会

石田衣良・いしだいら

1960年、東京生まれ。84年に成蹊大学を卒業後、広告制作会社勤務を経て、フリーのコピーライターとして活躍。 97年「池袋ウエストゲートパーク」でオール読物推理小説新人賞を受賞し作家デビュー。2003年「4TEEN フォーティーン」で直木賞を受賞。06年「眠れぬ真珠」で島清恋愛文学賞、13年「北斗、ある殺人者の回心」で中央公論文芸賞を受賞。『アキハバラ@DEEP』『美丘』など著書多数。

石田衣良の パブリッシュサロンの メンバーになる

石田衣良のパブリッシュサロンは[オンラインサロン]です。実名のフェイスブック(Facebook)アカウントが必要です。

お問い合わせ
サービス概要
  • パブリッシュサロンへの参加(Facebookグループを利用するので実名でのFacebookアカウントが必要です)
  • 不定期で開催予定のリアルサロンイベントに優先的に参加が可能(別途会費)
  • サロンメンバー交流パーティも開催予定(別途会費)
  • お申し込み手続きの流れ
  1. 入会申し込み(サイトの「お申込みはこちら」ボタンをクリックすると、申込みフォームに飛びます)
  2. 初回決済(事務局よりクレジットカード、銀行振込みなどの決済)ご案内のメールが届きますので、期限内にお手続きください。
  3. 決済手続きが完了した方には、事務局よりFacebookグループへの招待メールが届きます。Facebookにログイン後、「グループに参加」ボタンを押してください。
  4. スタッフが順次、承認を行います。
パブリッシュサロン・メンバー規約
  • サロンの和を乱す等、運営サイドが不適切だと判断した場合、退会していただく可能性があります。あらかじめご了承ください。
  • サロン内で知り得た情報に関し、外部に漏らすことは禁じます。万が一、抵触された場合は、退会していただく可能性があります。あらかじめご了承ください。
  • ネットワークビジネス等の紹介、勧誘を行った場合は、退会していただく可能性があります。あらかじめご了承ください。
月会費・お申込み

月会費 4,320円(消費税込)

  • 当月1日〜月末まで、サービス概要に記載の内容をご利用いただけます。
  • サロン会費はサービスご提供前月20日〜月末のお引き落としです(初回除く)。
  • お支払い方法:クレジットカード/PayPal/銀行自動引落し。

*詳細はお申込み時のご案内メールをご覧ください。

サロンメンバーの声

[女性・Fさん]

ふと気づけば、年を重ね、興味惹かれるもの・読む本のジャンル等が狭まっていました。そんなときに出会った、石田衣良さんのブックサロン。家族の介護のこともあり、遠出しにくい状況にある私にとって、ここにいながら広くて深い世界に心遊ばせられる大切な場になっています。

 

石田さんに人生相談をして、アドバイスをいただいたり。ゆる放談やブックレビューをきっかけに、あまり気にとめていなかった話題に関心を持ったり、普段手に取らない本を読んでみたり…。メンバーの方とのやり取りを楽しんだり。

 

石田さんと直接お話できるオフ会も、大きな楽しみのひとつ。私は、石田さんの爽やかな毒舌 ⁉︎(笑)や、とっても自由なオフレコトークが大好きなのです。いつの間にか肩の力が抜け、エネルギーチャージ完了という感じも味わえました。

 

サロンでしか読めないエッセイでは、最近、こんな言葉がそっと背中を押してくれました。

“たいしたことのない日々の生活のなかから、ちいさなおたのしみを探す。この心のちょっとしたゆとりが、積み重ねていくうちに効いてくるのだ。”

 

私事ですが、ブックサロン効果で嬉しいおまけも。 数ヶ月前のクリエイティブワークが俳句だったのですが、思いのほか楽しくて。その後も俳句作りを続け、某俳句番組に投句したりしていたところ、入選句に選ばれたのです。普段自分のいる場以外に、こういう場を持てるっていいなぁ…と改めて感じているこの頃です。

[30代女性・Yさん]

どんな想いも考えも包み込んでくれる石田衣良さんとそこに集うなかまたちの中で、心の自由度がぐーんと上がりました。すでに、仕事や家族と並んで自分を支える柱になっていると思います。衣良さんからの課題に向き合っていると、自分のなかに眠っていた表現への欲求が一斉に芽吹く感じがします。サロンには本当に感謝していて、自分を取り戻せたのは、とてもいいタイミングでサロンに出会えたからだと思うんです。

[30代男性Iさん]

自分にとって、このサロンは、「本好きな人と、ゆるく繋がれる場所」です。衣良さんを始め、メンバーの方々と、オンライン上やオフ会で色々なことを話したり、月ごとにお題が出るクリエイティブ・ワークに挑戦して、感想を言い合ったりすることで、単調になりがちな日々の生活の中、心地よい刺激を感じることができています。

[女性・Sさん]

私にとって衣良さんのブックサロンは、安心して心を開放できる場所です。衣良さんのおおらかなお人柄に触れて、悩んでいることがちっぽけに思えて元気が出ます。サロンの会員の方も衣良さんの作品を愛していて、共感しあえる安心感が嬉しいです。

 

家族や友達には話せないこともここではさらけ出せる……。受け止めてくれる衣良さんや仲間がいると思うだけで、心の支えになっています。またクリエイティブなお題を衣良さん自らが与えてくださって、自由に投稿できるのも刺激的です。衣良さんにコメントをいただけるとか、本当に贅沢だなと思います。衣良さんの作品の裏話を聞けるのも、毎回楽しみにしています。衣良さんの作品が原作の映画やドラマ、舞台も衣良さんのお話を聞いて観られるのは格別です。

 

これから年齢を重ねても、衣良さんを囲んで繋がっていられたら幸せだなって思っています。サロンのスタッフの皆さんもいつも心地よく気配りしてくださって感謝しています。Facebookの秘密のグループになっているのも、大人の秘密基地みたいで気に入っています。何より衣良さんの魅力に引き付けられてオフ会にはこれからも積極的に参加していきたいです。

石田衣良の パブリッシュサロンに 入会を申し込む

Copyright © 2017 Yakan-Hiko. All Right Reserved.

meetin