title_1.png

第14次会員募集]第14次会員募集のお申し込み受け付けを終了しました(2018.8.30)
※第15次募集時期は未定となっております。第15次募集時のご案内を希望される方は、お問い合わせ より「15次募集の案内を希望」をお送りください。

第14次会員募集(※第14次会員募集は終了いたしました)

「なぜこの人とはわかりあえないのだろう?」
「どうして私の言うことが伝わらないのだろう?」

対人関係はすべての人にとって永遠の課題であり、謎でもあります。
この通信講座では、名越康文心理学の根幹をなす性格分類(体癖論)によって、人間理解を徹底的に深めていきます。

※本講座は月1回、東京・巣鴨で行われている「名越式性格分類ゼミ」の通信講座版です。「名越式性格分類ゼミ」についてはこちらをご覧ください。
※体癖論とは、野口整体の創始者・野口晴哉氏が提唱した、体型・体質などから、人間の感受性の違いをタイプ別に分類したもの。名越式性格分類は、野口晴哉氏の次男・野口裕之氏(身体教育研究所所長)の体癖論をベースに、自身の臨床経験を踏まえてまとめなおしている。

名越康文先生からのご挨拶

僕は「旅する精神科医」と言われるぐらい、北海道から沖縄まで毎日のように講演や講座などをやらせていただいているわけですが、単発の講座や講演では、僕の心理学の柱である性格分類、気質分類についてお話をする機会が滅多にない、という問題があります。

というのも、1時間半なり、2時間という時間だと、「心とは何か」といったテーマについてはある程度まとまったお話はできても、性格分類についてはまとまったお話をするのは難しいからです。お話できないわけではないですが、その程度の時間だと、ほとんど間違いなく、本質を見失った状態でお伝えしてしまう可能性が高い。

だからこれまで僕は、福岡、大阪、東京という、非常に限られた場所で、限られた人を相手にしか、性格分類=体癖論のお話をしてこなかった。それ以外の地域に住んでおられる、性格分類に関心を持ってくださる方々には申し訳ないな、という思いをずっと持っていました。

この通信講座では、これまで実際の講座を受講した経験のある方から、メルマガなど、活字を通して関心を持っていただいていた方まで、幅広い方々に利益となるのではないか、という趣旨で運営しています。

お届けするDVDには、できるだけ当日の講義を、生のままお伝えするようにしています。ライブ講義の息づかいや、そこに込められた感情、ユーモア、冗談、息づかい……といったさまざまな要素は、しばしば「おまけ」として捉えられがちですが、「人間そのもの」を扱う性格分類においては、それらは各体癖の「内容」そのものです。もちろん、講義のDVDだけで体癖論のすべてを伝えることができるとは思いませんが、DVDに収録されたすべてを味わって、奥深い体癖論の世界に没入していただければ幸いです。

サービス概要(第14次サービスは、9月1日より開始予定です)

毎月1回、講座DVDを送付します。
  送付されるのは「名越式性格分類ゼミ」、あるいはその他講義を収録・編集したものです。
名越式性格分類ゼミ(2013年8月より月1回、東京・巣鴨で開催)に会員割引で優先申し込み(※)できます。
その他、不定期でのイベント等予定。

※通信講座版受講生には毎月、名越式性格分類ゼミ優先申し込みのご案内をお送りします。詳細はそちらをご覧ください。

会員数

第14次の募集定員は、50名です。
※第14次会員募集は終了いたしました。次回15次募集時にご案内を希望される方は、お問い合わせ より「15次募集案内を希望」とお送りください。

名越康文・プロフィール


1960年、奈良県生まれ。精神科医。専門は思春期精神医学、精神療法。近畿大学医学部卒業後、大阪府立中宮病院(現:大阪府立精神医療センター)にて、精神科救急病棟の設立、責任者を経て、1999年に同病院を退職。引き続き臨床に携わる一方で、テレビ・ラジオでコメンテーター、映画評論、漫画分析など様々な分野で活躍中。

著書に『心がフッと軽くなる「瞬間の心理学」』(角川SSC新書、2010)、『毎日トクしている人の秘密』(PHP、2012)、『自分を支える心の技法 対人関係を変える9つのレッスン』(医学書院、2012)、『質問です。』(飛鳥新社、2013)、『驚く力 さえない毎日から抜け出す64のヒント』(夜間飛行、2013)、『どうせ死ぬのになぜ生きるのか』(PHP新書、2014)などがある。夜間飛行よりメールマガジン「生きるための対話dialogue」を配信中。

受講料

6,480円/1ヶ月(消費税込み)
※2017年12月1日より、サービス概要に記載されたすべてのサービスをご利用いただけます。
※メンバー料金はサービスご提供前月末のお引き落としとなります(初回除く。詳細はお申し込み時のご案内メールをご覧ください)。

お支払い方法

クレジットカード/PayPal/銀行自動引落し

[ バックナンバー 一覧 ]
会員の方は、下記のバックナンバーをご購入いただけます。

【2015年】
2015年1月号「体癖の基本と5種体癖」
2015年2月号「隠れた執着心--4種体癖」
2015年3月号「3種体癖の「明」と「暗」」
2015年4月号「イメージする脳--2種体癖」
2015年5月号「1種体癖の透明な観念」
2015年6月号「動物的博愛の10種体癖」
2015年7月号「9種体癖の自由と折り合い」
2015年8月号「永遠の二番手 8種体癖」
2015年9月号「7種体癖の内的葛藤」
2015年10月号「6種体癖のロマンと性」
2015年11月号「キーワードから読み解く体癖論①依存」
2015年12月号「キーワードから読み解く体癖論②寂しさ・他者への貢献」

【2016年】
2016年1月号「キーワードから読み解く体癖論③愛・落ち込む」
2016年2月号「体癖以前の心の構造①「真の心」に出会う道」
2016年3月号「体癖以前の心の構造②「情緒と無常」
2016年4月号「診断力を高める「体癖の質感」」
2016年5月号「3-5-10のトライアングル」
2016年6月号「相性論ー3種、5種、9種を中心に」
2016年7月号「キーワードから読み解く体癖論(4)共感(5種から8種まで)」
2016年8月号「空間認識/話し方/運」
2016年9月号 「奇数体癖の世界に踏み込む」
2016年10月号「偶数体癖の鑑別」
2016年11月号「開閉型の動物的な感覚世界」
2016年12月号「ねじれ体癖の聖性とトラウマ」

【2017年】
2017年1月号「危機の中で輝く前後型の生」
2017年2月号「左右型のロジックと直感」
2017年3月号「上下体癖の一貫性と成熟」
2017年4月号「鑑別診断の力を高める」
2017年5月号「体癖別幸福論(上下・ねじれ・開閉)」
2017年6月号「体癖による社会適応と認識の違い」
2017年7月号「家族と体癖(1)/二段認定試験」
2017年8月号「家族と体癖(2)/初段認定試験」
2017年9月号「3種体癖の純粋性と戦士性」
2017年10月号「サイコパスの心理学からみた5種体癖/初段認定試験」
2017年11月号「陶酔と集中の違いからみた9種体癖/初段認定試験」
2017年12月号「心理学の誕生/課題の分離/6種の「弱さ」」+公式テキストVol.1「体癖の基本」

【2018年】
2018年1月号「過剰適応と早期回想/初段認定試験」
2018年2月号「6種を深める/初段認定試験」
2018年3月号「7種の集注欲求/人間関係の入り口と出口」+公式テキストVol.2「9種体癖」
2018年4月号「大嫌い!」の7種、「もういいです!」の8種
2018年5月号 10種体癖の「風呂敷」的包容力と祝祭性
2018年6月号 2種体癖の2次元的な生々しさ
2018年7月号 直感と感覚はどう違うのか

※名越式性格分類ゼミ(通信講座版)は月額会員制サービスのため、バックナンバーを個別で購入することはできません。
(会員の方は、バックナンバーとしてご購入をいただけます。詳しくは事務局 meetin@yakan-hiko.comまでお問い合わせください)