トップ 書籍一覧 メルマガ一覧 ご利用ガイド サロン・通信講座
夜間飛行トップ > 津田大介のメールマガジン 「メディアの現場」

津田大介の「メディアの現場」 東北取材特別増刊号その1

2012年02月10日配信

このエントリーをはてなブックマークに追加

220円(税込)でこのバックナンバーを購入する
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

津田大介の「メディアの現場」
――東北取材特別増刊号その1
2012.2.9(号外)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
《目次》

1.東北取材1日目レポート

2.2月10日の予定

※2月8日、2月15日配信号は東北取材に出ているためお休みしています。2月22
日配信号から通常通り配信される予定です。

ePubファイルはこちら
http://yakan-hiko.com/EPUB284

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

1.東北取材1日目レポート

●出発~守谷SA
午前8時に起床。今回の取材をサポートしてくれるトヨタのプラグインハイブリ
ッド車「プリウスPHV」に乗り、自分の愛車のエスティマハイブリッドとともに
東京・高円寺を出発。今回の取材チームは弊社ネオローグチーム6人に加え、代
理店のHさんと映像制作会社のSさん、そして思いつきで声をかけた戸田誠司さ
ん(@t0da)の合計9人の大所帯。このチームで青森県を目指していきます。

プリウスPHVの乗り心地は非常に良く、普段乗っているエスティマハイブリッド
よりも振動や車内音などが少ない。運転していて会話などもはっきりと聞こえ
るので、ある意味車内からUstreamやニコ生をするのにうってつけな車とも言え
そう。

とりあえず守谷SAまでは普通に運転し、守谷SAから今回のUst中継のキモと言う
べきライブ配信システム「TVUPack」の動作チェックをする流れになった。


●守谷SA~友部SA
守谷SAでTVUPackのセッティング。実際に走行しながらUstを始める。始めて見
ると音声を拾うマイクが、車に固定してると振動ノイズを拾いまくって使えな
かったり、電波の...

全文を読むにはバックナンバーを購入する必要があります

津田大介のメールマガジン
「メディアの現場」

津田大介
【 料金(税込) 】 660円(税込) / 月
【 発行周期 】 月1回以上配信(不定期)

テレビ、ラジオ、Twitter、ニコニコ生放送、Ustream……。マスメディアからソーシャルメディアまで、新旧両メディアで縦横無尽に活動するジャーナリスト/メディア・アクティビストの津田大介が、日々の取材活動を通じて見えてきた「現実の問題点」や、激変する「メディアの現場」を多角的な視点でレポートします。津田大介が現在構想している「政策にフォーカスした新しい政治ネットメディア」の制作過程なども随時お伝えしていく予定です。

※バックナンバーは購読申請時までに発行されている最新号から購読できます