トップ 書籍一覧 メルマガ一覧 ご利用ガイド サロン・通信講座
夜間飛行トップ > やまもといちろうのメールマガジン 「人間迷路」

人間迷路 Vol.288 コロナウイルス騒動にまつわるあれこれを論じつつ、次世代モバイル通信やIoT由来のセキュリティ問題などに触れてみる回

2020年02月27日配信

このエントリーをはてなブックマークに追加

220円(税込)でこのバックナンバーを購入する
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃人間迷路┃Vol.288
--コロナウイルス騒動にまつわるあれこれを論じつつ、次世代モバイル通信やIoT由来のセキュリティ問題などに触れてみる回
                           やまもといちろう
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ePub版→http://yakan-hiko.com/EPUB9523
■mobi版→http://yakan-hiko.com/MOBI9523
■web版 →http://yakan-hiko.com/BN9523
                         2020年2月27日発行
……………………………………………………………………………………………
【0.序文】コロナウイルス(COVID-19)対策で専制・共産国家のやり方を称賛するのって怖ろしくない?
……………………………………………………………………………………………

 コロナウイルス禍については、先日産経新聞にもコラムを寄せていたのですが、中国・武漢やそれ以外の都市で文字通り「封鎖」され、住民の移動が制限されただけでなく、百度やアリババ、テンセントなど中国系各社が決済情報を元に「誰がどこに移動したのか」というホットマップを作成していました。

【新聞に喝!】新型肺炎 改めて問われる中国との距離 ブロガー・投資家・山本一郎
https://www.sankei.com/column/news/200216/clm2002160004-n1.html

 しまいには、中国政府がマスクなどの備品を退蔵している住民に対してこれらの物資を「徴発」すると発表し、もちろん感染症対策が緊迫度を高めるにつれて対...

全文を読むにはバックナンバーを購入する必要があります

やまもといちろうのメールマガジン
「人間迷路」

やまもといちろう
【 料金(税込) 】 770円(税込) / 月
【 発行周期 】 月4回前後+号外

ネット業界とゲーム業界の投資界隈では知らぬ者のない独特のポジションを築き、国内海外のコンテンツ制作環境に精通。日本のネット社会最強のウォッチャーの一人であり、また誰よりもプロ野球とシミュレーションゲームを愛する、「元・切込隊長」ことやまもといちろう氏による産業裏事情、時事解説メルマガの決定版!

※バックナンバーは購読申請時までに発行されている最新号から購読できます