トップ 書籍一覧 メルマガ一覧 ご利用ガイド サロン・通信講座
夜間飛行トップ > やまもといちろうのメールマガジン 「人間迷路」

人間迷路 Vol.302 昨今のネットによる社会の分断を憂えつつ、解散総選挙をめぐる安倍総理の心中を探り、話題のコンタクトトレーシングアプリにも触れる回

2020年07月01日配信

このエントリーをはてなブックマークに追加

220円(税込)でこのバックナンバーを購入する
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃人間迷路┃Vol.302
--昨今のネットによる社会の分断を憂えつつ、解散総選挙をめぐる安倍総理の心中を探り、話題のコンタクトトレーシングアプリにも触れる回
                           やまもといちろう
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ePub版→http://yakan-hiko.com/EPUB9901
■mobi版→http://yakan-hiko.com/MOBI9901
■web版 →http://yakan-hiko.com/BN9901
                         2020年6月30日発行
……………………………………………………………………………………………
【0.序文】ネットによる社会の分断は、社会の知恵である「いい塩梅」「いい湯加減」を駄目にする
……………………………………………………………………………………………

 ボストンにあるリンカーン像を黒人活動家が引き倒す(かもしれない)というニュースを見て驚いています。もちろん、単に「歴史を知らないのか。頭悪いよなあ」と言いたくなる面もあるのですが、それ以上に、BLM(Black Lives Matter)であれ香港デモであれ、統治と社会の間でうまい具合に作用してきた仕組みがどれもヘタってきているように思うんですよ。

 ある意味で、ネットがすべてを可視化してくれることで、逆に可視化された事実を受け止められない人たちが出たり、また、激しい思い込みと都合の良い情報のチェリーピッキングの果てに過激な行動に出てしまう人たちが増える現象は気になるのです。ネット以前の世界が良いとは思いませんが、かつては「そうはいっても」という理性が働き、「いい塩梅...

全文を読むにはバックナンバーを購入する必要があります

やまもといちろうのメールマガジン
「人間迷路」

やまもといちろう
【 料金(税込) 】 770円(税込) / 月
【 発行周期 】 月4回前後+号外

ネット業界とゲーム業界の投資界隈では知らぬ者のない独特のポジションを築き、国内海外のコンテンツ制作環境に精通。日本のネット社会最強のウォッチャーの一人であり、また誰よりもプロ野球とシミュレーションゲームを愛する、「元・切込隊長」ことやまもといちろう氏による産業裏事情、時事解説メルマガの決定版!

※バックナンバーは購読申請時までに発行されている最新号から購読できます