トップ 書籍一覧 メルマガ一覧 ご利用ガイド サロン・通信講座
夜間飛行トップ > 津田大介のメールマガジン 「メディアの現場」

【ネットで人類は幸せにならない!?】津田大介の「メディアの現場」vol.90

2013年08月23日配信

このエントリーをはてなブックマークに追加

216円(税込)でこのバックナンバーを購入する
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

津田大介の「メディアの現場」

2013.8.23+8.30(vol.90)
■ePub版→http://yakan-hiko.com/EPUB1760
■mobi版→http://yakan-hiko.com/MOBI1760
■web版 →http://yakan-hiko.com/BN1760
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

──Don't lose your temper──

みなさんこんにちは。津田大介です。

いや、突然ですけどフォントってフォントうにいいものですよねー^^

お盆明けの特大号のオープニングがダジャレかよ! という話なのですが、実際
のところ僕、フォントにこだわるのが好きなんですよ。今号のQ&Aコーナーの
Q6でフォントについての質問が来てて、それに答えるうちに自分が普段仕事し
ているフォント環境について語りたいなと思ったんですね。

フォントは大事です。文章を書き、文字を扱う仕事をしているわけですから当
然です。別に僕はデザイナーではないですが、いろいろな活動をしていると文
章以外でメッセージを他人に伝えなければならない状況が生まれるわけで、そ
のときにどんな文字を使うかというのが重要になってくる。

僕にとってフォントというのは「仕事をしやすくする道具」であり、「伝えた
いメッセージを効果的に伝える手段」です。

前者は一言でいうと「フォントの見やすさって目への負担を軽減してくれるよ
ね」ってことです。僕の仕事は皆さんご想像のとおり、9割以上はパソコンを使っ
た作業です。ラジオとかテレビでしゃべってるときですらパソコンの画面は見...

全文を読むにはバックナンバーを購入する必要があります

津田大介のメールマガジン
「メディアの現場」

津田大介
【 料金(税込) 】 648円(税込) / 月
【 発行周期 】 月1回以上配信(不定期)

テレビ、ラジオ、Twitter、ニコニコ生放送、Ustream……。マスメディアからソーシャルメディアまで、新旧両メディアで縦横無尽に活動するジャーナリスト/メディア・アクティビストの津田大介が、日々の取材活動を通じて見えてきた「現実の問題点」や、激変する「メディアの現場」を多角的な視点でレポートします。津田大介が現在構想している「政策にフォーカスした新しい政治ネットメディア」の制作過程なども随時お伝えしていく予定です。

※バックナンバーは購読申請時までに発行されている最新号から購読できます