トップ 書籍一覧 メルマガ一覧 ご利用ガイド サロン・通信講座
夜間飛行トップ > 株式会社スプラウトのメールマガジン 「電脳事変~サイバーインシデント・レポート~」

電脳事変~サイバーインシデント・レポート~ vol.030 <LINE傍受疑惑、韓国「国家情報院」の素顔><ハッカー集結「Black Hat&DEF CON」が間もなく開催!>ほか

2014年07月25日配信

このエントリーをはてなブックマークに追加

256円(税込)でこのバックナンバーを購入する
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
電脳事変~サイバーインシデント・レポート~ vol.030
<LINE傍受疑惑、韓国「国家情報院」の素顔><ハッカー集結「Black Hat&DEF
CON」が間もなく開催!>ほか
                          株式会社スプラウト
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ePub版→http://yakan-hiko.com/EPUB2674
■mobi版→http://yakan-hiko.com/MOBI2674
■web版 →http://yakan-hiko.com/BN2674
                        2014年07月25日発行
……………………………………………………………………………………………
INDEX
……………………………………………………………………………………………

【1:深層】LINE傍受疑惑、韓国「国家情報院」の素顔
【2:深層】ハッカー集結「Black Hat&DEF CON」が間もなく開催!
【3:事件簿】7月16日~7月22日


……………………………………………………………………………………………
【1:深層】LINE傍受疑惑、韓国「国家情報院」の素顔
……………………………………………………………………………………………

 韓国の情報機関・国家情報院がLINEを傍受していたという月刊誌「FACTA」の
報道が話題を呼んでいる。「韓国では通信の秘密を守る法律が存在しない」ことを
理由に、ユーザーとLINEとの通信途中のデータ傍受し、データは欧州に保管され
分析されている、という。LINE側は否定したものの、報道が事実であれば、約
5000万人ともいわれる日本人ユーザーの通信が抜き取られていることになる。

 実際には韓国にも通信秘密保護法(1993年12月27日施行)が存在し、「何人も
本法と刑事訴訟法ま...

全文を読むにはバックナンバーを購入する必要があります

株式会社スプラウトのメールマガジン
「電脳事変~サイバーインシデント・レポート~」

株式会社スプラウト
【 料金(税込) 】 1028円(税込) / 月
【 発行周期 】 月4回発行(第1~第4水曜日配信予定)

サイバーセキュリティに関するインシデント(事件、出来事、ハプニングといった意味です)を、独自の視点で深堀してお届けします。当メールマガジンは、IT技術者だけでなく、企業活動やファイナンス、政治や行政に関わる方々に向けた、独自のサイバーセキュリティ情報をお届けします。技術的な記述は最小限にとどめつつ、サイバー空間の最前線で今なにが起こっているのかを丁寧に解説していく予定です。掲載する内容は一部の翻訳記事と提供情報を除き、全て独自に取材したオリジナルコンテンツです。

※バックナンバーは購読申請時までに発行されている最新号から購読できます