トップ 書籍一覧 メルマガ一覧 ご利用ガイド サロン・通信講座
夜間飛行トップ > 本田雅一のメールマガジン 「本田雅一の IT・ネット直球リポート」

本田雅一メールマガジン「続・モバイル通信リターンズ」 Vol.027<ビル・ゲイツの生き方に感じるものごとの感じ方、考え方>

2015年12月18日配信

このエントリーをはてなブックマークに追加

324円(税込)でこのバックナンバーを購入する
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Presented by 夜間飛行
“The Book Project 夜間飛行”では、次世代の「本」の形を提案します

本田雅一メールマガジン「続・モバイル通信リターンズ」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2015年12月18日 Vol.027
<ビル・ゲイツの生き方に感じるものごとの感じ方、考え方>

■ePub版→http://yakan-hiko.com/EPUB4559
■mobi版→http://yakan-hiko.com/MOBI4559
■web版 →http://yakan-hiko.com/BN4559


12月17日、久々にビル・ゲイツ氏の講演を聴きました。もっとも、かつて聴いて
いたテクノロジーの未来について語るゲイツ氏の話ではありません。彼が2000年
ぐらいから始めてきた、そして現在は100%のエネルギーを注ぎ込んでいる“フ
ィランソロピー”活動に関しての話です。フィランソロピーは事業を通じて世の
中を改善しようという取り組みで、日本では税制上の問題などもあって一般的で
はありませんが、米国では資金余力のある投資家や企業家などが取り組んできた
活動です。

ゲイツ氏の場合、奥さんと2人で立ち上げたゲイツ・メリンダ財団を通じて、多
種多様な事業を支援してきましたが、今回は日本で寄付文化を定着させよう、ま
た政府にも税制の枠組みとして寄付による活動がやりやすくなるよう働きかけよ
うとの目的で開催されている「寄付月間」に合わせて来日。朝日新聞社の主催で
会が開かれ、彼の社会貢献に対する考え方を聴くことになりました。

『朝日新聞デジタル』でもネット配信されたため、あるいは聴講した人が...

全文を読むにはバックナンバーを購入する必要があります

本田雅一のメールマガジン
「本田雅一の IT・ネット直球リポート」

本田雅一
【 料金(税込) 】 540円(税込) / 月
【 発行周期 】 毎月2回(第2、4木曜日予定)

IT、AV、カメラなどの深い知識とユーザー体験、評論家としての画、音へのこだわりをベースに、開発の現場、経営の最前線から、ハリウッド関係者など幅広いネットワークを生かして取材。市場の今と次を読み解く本田雅一による活動レポート。

※バックナンバーは購読申請時までに発行されている最新号から購読できます