トップ 書籍一覧 メルマガ一覧 ご利用ガイド サロン・通信講座
夜間飛行トップ > 藤沢数希のメールマガジン 「週刊金融日記」

週刊金融日記 第214号 クラウド会計システムの導入と金融ビジネスの未来、トヨタショックを無事通過、広尾のバスク料理のビストロ、天才数学者ラマヌジャンの再来、他

2016年05月16日配信

このエントリーをはてなブックマークに追加

216円(税込)でこのバックナンバーを購入する
// 週刊金融日記
// 2016年5月16日 第214号
// クラウド会計システムの導入と金融ビジネスの未来
// トヨタショックを無事通過
// 広尾のバスク料理のビストロ
// 天才数学者ラマヌジャンの再来
// 他
■ePub版→http://yakan-hiko.com/EPUB5130
■mobi版→http://yakan-hiko.com/MOBI5130
■web版 →http://yakan-hiko.com/BN5130


 こんにちは。藤沢数希です。
 最近は、日本でも「パナマ文書」の話題が盛り上がり、タックスヘイブンというものが
注目を集めています。
 
●「パナマ文書」日本関係も多数 広がる波紋
http://www3.nhk.or.jp/news/web_tokushu/2016_0512.html
 
 金融機関に勤めていると、タックスヘイブンを使うのは本当に当たり前すぎるんですよ
ね。僕が証券会社でトレードしていたときも、デリバティブ等は、すべてケイマンなど
のタックスヘイブンのエンティティ(法人)を使って取引しておりました。金融市場は完
全にグローバル化しているので、多くの国籍にまたがるさまざまな会社や個人が取引する
際に、わざわざ法規制が洗練されておらず、税金が高い国のエンティティを使う理由があ
りません。しかし、これは脱税ではありません。たとえば、多くの投資家から資金を集め
るファンドを考えてみましょう。
 アメリカ人やイギリス人や日本人がひとつのファンドに投資するとします...

全文を読むにはバックナンバーを購入する必要があります

藤沢数希のメールマガジン
「週刊金融日記」

藤沢数希
【 料金(税込) 】 864円(税込) / 月
【 発行周期 】 月4回以上配信(毎週日曜日配信予定)

藤沢数希が政治、経済、ビジネス、そして恋愛工学について毎週メルマガをお届けします。不特定多数が閲覧するブログ『金融日記』では書けないディープで具体的なお話が満載。マネーと恋愛に関する経済分析、法律論、リスクマネジメントを中心に情報をお届けします。

※バックナンバーは購読申請時までに発行されている最新号から購読できます