トップ 書籍一覧 メルマガ一覧 ご利用ガイド サロン・通信講座
夜間飛行トップ > やまもといちろうのメールマガジン 「人間迷路」

人間迷路 Vol.168 救済方法が見当たらない地域経済の現状やゴミ記事量産でも金になってしまうコンテンツファーム問題などを考える回

2016年10月31日配信

このエントリーをはてなブックマークに追加

216円(税込)でこのバックナンバーを購入する
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃人間迷路┃Vol.168
--救済方法が見当たらない地域経済の現状やゴミ記事量産でも金になってしまう
コンテンツファーム問題などを考える回
                           やまもといちろう
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ePub版→http://yakan-hiko.com/EPUB5718
■mobi版→http://yakan-hiko.com/MOBI5718
■web版 →http://yakan-hiko.com/BN5718
                         2016年10月31日発行
……………………………………………………………………………………………
【0.序文】「負けを誰かに押し付ける」地方から見た日本社会撤退戦
……………………………………………………………………………………………

 人口減少時代に入った日本が、この先一時的なバブル的好況に踊ることはあっ
ても、20年近い高度成長という右肩上がりの経済環境を実現できる可能性は皆無
でしょう。我が国の仕組みに組み込まれてきたものは、そのかなりの部分が「昨
日より良い明日が来る」前提で作り上げられた右肩上がり信仰であり、銀行の不
動産担保主義にせよ公共工事のリスクベネフィットに関する考え方にせよ、常に
ニーズが増え、価格が上がっていくという考え方がベースにあるため、うまくい
かないごとに再編に追い込まれてしまうという欠陥があります。

 不動産神話で言えば、不動産そのものの価値が「ある」という前提で担保を設
定し、それに見合ったお金を貸すことで銀行はリスクを減らそうとします。しか
しながら、ご承知の通り不動産担保というものは相場で...

全文を読むにはバックナンバーを購入する必要があります

やまもといちろうのメールマガジン
「人間迷路」

やまもといちろう
【 料金(税込) 】 756円(税込) / 月
【 発行周期 】 月4回前後+号外

ネット業界とゲーム業界の投資界隈では知らぬ者のない独特のポジションを築き、国内海外のコンテンツ制作環境に精通。日本のネット社会最強のウォッチャーの一人であり、また誰よりもプロ野球とシミュレーションゲームを愛する、「元・切込隊長」ことやまもといちろう氏による産業裏事情、時事解説メルマガの決定版!

※バックナンバーは購読申請時までに発行されている最新号から購読できます