夜間飛行トップ > やまもといちろうのメールマガジン 「人間迷路」

人間迷路 Vol.181 上野千鶴子女史の記事はそこまで批判するべきものだったのかをふりかえりつつ、ネット広告の閲覧水増し問題の今後を考えてみる回

2017年02月23日配信

このエントリーをはてなブックマークに追加

216円(税込)でこのバックナンバーを購入する
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃人間迷路┃Vol.181
--上野千鶴子女史の記事はそこまで批判するべきものだったのかをふりかえり
つつ、ネット広告の閲覧水増し問題の今後を考えてみる回
                           やまもといちろう
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ePub版→http://yakan-hiko.com/EPUB6095
■mobi版→http://yakan-hiko.com/MOBI6095
■web版 →http://yakan-hiko.com/BN6095
                         2017年2月23日発行
……………………………………………………………………………………………
【0.序文】上野千鶴子問題と、いまを生きる我らの時代に
……………………………………………………………………………………………

 先般、上野千鶴子女史が中日新聞に寄せた記事について、主に上野女史の信奉
者であった人たちからの批判が強く上がる事態となって、興味深く見ておりまし
た。ヤフーニュース個人にも私なりの見解を掲載したところそれなりに読まれた
ようですし、さらに社会学者の北田暁大さんも参戦、興味深い流れになっていま
す。

「平等に貧しくなろう」上野千鶴子女史の記事炎上から何を学び考えるべきか
(山本一郎)
http://bylines.news.yahoo.co.jp/yamamotoichiro/20170214-00067708/
脱成長派は優し気な仮面を被ったトランピアンである――上野千鶴子氏の「移民
論」と日本特殊性論の左派的転用/北田暁大 / 社会学