トップ 書籍一覧 メルマガ一覧 ご利用ガイド サロン・通信講座
夜間飛行トップ > やまもといちろうのメールマガジン 「人間迷路」

人間迷路 Vol.207 バブル崩壊のシナリオと対処法をぼんやり考えつつ、このところの選挙予測のむつかしさや人工知能の弱点を見つめてみる回

2017年11月10日配信

このエントリーをはてなブックマークに追加

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃人間迷路┃Vol.207
--バブル崩壊のシナリオと対処法をぼんやり考えつつ、このところの選挙予測の
むつかしさや人工知能の弱点を見つめてみる回
                           やまもといちろう
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ePub版→http://yakan-hiko.com/EPUB6945
■mobi版→http://yakan-hiko.com/MOBI6945
■web版 →http://yakan-hiko.com/BN6945
                         2017年11月10日発行
……………………………………………………………………………………………
【0.序文】目下好調の世界経済にバブル崩壊のシナリオと対処法はあるのか
……………………………………………………………………………………………

 嵐のようなアメリカ・トランプ大統領の東アジア歴訪が心配されたほどの混乱
もなく終え、要するにいまのアメリカ大統領のほうが北朝鮮の若き独裁者よりも
取れるオプションが多く変人であるがゆえにリスクが高いよね、という共通認識
ができた感じでしょうか。

 韓国では米韓首脳会談のドタバタをよそに在韓米国人の国外退去に関するガイ
ドラインが改めて出され、アメリカ政府要人や企業幹部クラスの韓国街への退避
が増えているように見えますが、昨今の報道でも出ているとおり「差し迫った対
北朝鮮有事」への対応はもっぱら北朝鮮の暴発というよりもトランプさんの北朝
鮮単独攻撃決断のほうが大変じゃないかという流れになっています。

 実際、トランプさんが北朝鮮攻撃を決断したとしても、地上兵力の投入がない
限り、真の意味での北朝鮮の非核化は困難を極めます。どこに隠しているか必ず
しもすべては分からないし、意外なところに国際的な協力者が潜んでいる可能性
はあるからです。また、トランプさんの攻撃決断は...

全文を読むにはメルマガの定期購読にお申し込み頂く必要があります

やまもといちろうのメールマガジン
「人間迷路」

やまもといちろう
【 料金(税込) 】 756円(税込) / 月
【 発行周期 】 月4回前後+号外

ネット業界とゲーム業界の投資界隈では知らぬ者のない独特のポジションを築き、国内海外のコンテンツ制作環境に精通。日本のネット社会最強のウォッチャーの一人であり、また誰よりもプロ野球とシミュレーションゲームを愛する、「元・切込隊長」ことやまもといちろう氏による産業裏事情、時事解説メルマガの決定版!

※バックナンバーは購読申請時までに発行されている最新号から購読できます