トップ 書籍一覧 メルマガ一覧 ご利用ガイド サロン・通信講座
夜間飛行トップ > 本田雅一のメールマガジン 「本田雅一の IT・ネット直球リポート」

「本田雅一の IT・ネット直球リポート」Vol.010「相撲協会の非常識に学ぶネット時代の危機管理」

2017年12月08日配信

このエントリーをはてなブックマークに追加

324円(税込)でこのバックナンバーを購入する
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Presented by 夜間飛行
“The Book Project 夜間飛行”では、次世代の「本」の形を提案します

本田雅一メールマガジン「本田雅一の IT・ネット直球リポート」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2017年12月7日 Vol.010「相撲協会の非常識に学ぶネット時代の危機管理」

■ePub版→http://yakan-hiko.com/EPUB7034
■mobi版→http://yakan-hiko.com/MOBI7034
■web版 →http://yakan-hiko.com/BN7034


このところのソニーの元気さはどうやら偶然ではなさそうだ。単なる業績の良し
悪し、単発の製品の良さなどではなく、社内から新しいアイディアや製品が生ま
れる土壌がきちんと生まれてきている。新たなアイディアを社内から呼び起こす
空気……環境を整えるには、まず業績を整え、誰もが納得するカタチで“遊ばせ
る”必要があるだろう。

しかし、ソニーは上手くそれをやってのけた。大胆なリストラと合理化を行いな
がら、新しい製品が生まれてくる環境を作るというのは、言うほど簡単なことで
はない。

合理化による経営改善は、すなわちROI(Return On Investment)のうちのIを絞
り込んで結果を出すのが一番簡単。しかし、投資を絞ればいずれ企業価値は下が
り、Rが落ちてくる。最近はあまり見られなくはなっているが、長期的な価値を
犠牲にして表面上の業績を改善させ、経営者が多額の報酬を得ながらも、結果的
には大きな企業価値を失った……なんて例もたくさんある。

衰退期のソニーは、まさにその典型例だったとも言えるだろう。し...

全文を読むにはバックナンバーを購入する必要があります

本田雅一のメールマガジン
「本田雅一の IT・ネット直球リポート」

本田雅一
【 料金(税込) 】 540円(税込) / 月
【 発行周期 】 毎月2回(第2、4木曜日予定)

IT、AV、カメラなどの深い知識とユーザー体験、評論家としての画、音へのこだわりをベースに、開発の現場、経営の最前線から、ハリウッド関係者など幅広いネットワークを生かして取材。市場の今と次を読み解く本田雅一による活動レポート。

※バックナンバーは購読申請時までに発行されている最新号から購読できます