トップ 書籍一覧 メルマガ一覧 ご利用ガイド サロン・通信講座
夜間飛行トップ > やまもといちろうのメールマガジン 「人間迷路」

人間迷路 Vol.214 人の生き死にについてぼんやり思うこと、そして人工知能がもたらすさまざまな可能性について等々

2018年02月01日配信

このエントリーをはてなブックマークに追加

216円(税込)でこのバックナンバーを購入する
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃人間迷路┃Vol.214
--人の生き死にについてぼんやり思うこと、そして人工知能がもたらすさまざま
な可能性について等々
                           やまもといちろう
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ePub版→http://yakan-hiko.com/EPUB7197
■mobi版→http://yakan-hiko.com/MOBI7197
■web版 →http://yakan-hiko.com/BN7197
                         2018年1月31日発行
……………………………………………………………………………………………
【0.序文】冠婚葬祭に思うこと
……………………………………………………………………………………………

 今年は冒頭から偉大な人の物故、お世話になった方の旅立ちが立て続けに発生
する一方、親しい友人の結婚が2件、離婚が2件、また出産が3件(加えて妊娠報
告もあるよ)という状態で、人生の節目というものを強く印象付けられた序盤で
ありました。

 もっとも、年始の予定は吹き飛ぶわ、聞かされていなかった暗黙の事項のケツ
拭きなどもあったりし、さらに親族の再入院と、親族の某大医学部の推薦が決ま
る(おめでとう)など、人の数だけ人生があり、会う人の数が増えれば消息もま
た増えるというのは仕方のないことなのかもしれません。

 その中でも、死に際というのはまあなかなかむつかしいわけです。私などは家
庭優先で人生を送る決断をしていますので騒動は少ないんですけど、やはり仕事
と家庭の生きざまというのは大きく死に際に影響するように思います。家族葬に
臨席し神妙な顔をし...

全文を読むにはバックナンバーを購入する必要があります

やまもといちろうのメールマガジン
「人間迷路」

やまもといちろう
【 料金(税込) 】 756円(税込) / 月
【 発行周期 】 月4回前後+号外

ネット業界とゲーム業界の投資界隈では知らぬ者のない独特のポジションを築き、国内海外のコンテンツ制作環境に精通。日本のネット社会最強のウォッチャーの一人であり、また誰よりもプロ野球とシミュレーションゲームを愛する、「元・切込隊長」ことやまもといちろう氏による産業裏事情、時事解説メルマガの決定版!

※バックナンバーは購読申請時までに発行されている最新号から購読できます