トップ 書籍一覧 メルマガ一覧 ご利用ガイド サロン・通信講座
夜間飛行トップ > 藤沢数希のメールマガジン 「週刊金融日記」

週刊金融日記 第22号 1+1が2ではない男のカオとカネ、米連銀のQEとは何だったのか、東京タワーを見上げるレストラン、フォースの力を信じろ、新刊『外資系金融の終わり』、他

2012年09月10日配信

このエントリーをはてなブックマークに追加

216円(税込)でこのバックナンバーを購入する
// 週刊金融日記
// 2012年9月9日 第22号
// 1+1が2ではない男のカオとカネ
// 米連銀のQEとは何だったのか
// 東京タワーを見上げるレストラン
// フォースの力を信じろ
// 新刊『外資系金融の終わり』
// 他
■ePub版→http://yakan-hiko.com/EPUB723
■mobi版→http://yakan-hiko.com/MOBI723
■web版 →http://yakan-hiko.com/BN723


 こんにちは。藤沢数希です。
 金曜日か土曜日ぐらいには、僕の新刊が全国の書店に並ぶはずです。自分で言うのもな
んですが、今回はなかなかいい本に仕上がったと思います。

『外資系金融の終わり』 http://goo.gl/K1ffZ

 今週号も、恋愛にグルメに人生相談と盛りだくさんの内容ですが、新刊にも関連してい
るのですが、アメリカの金融政策に関する記事も書きました。
 これからも、ますますメルマガ『週刊金融日記』の内容を充実させていきますので、よ
ろしくお願いします。

1.1+1が2ではない男のカオとカネ

 男の恋愛市場での競争力は、金持ち度とイケメン度の2ファクター・モデルで表される
という考え方が一般的なのだが、このふたつの魅力度の合計が単純にその男の魅力にはな
らない、というのが恋愛市場の興味深いところだ。
 これは何も、イケメンや金持ち男より、単純にたくさんの女に声をかけられる男や、女
をちょろまかすコミュニケーション技能に長けた男のほうが実際は恋愛市場でのパフォー
マンスがいい、という当たり前のことを言っているのではない。...

全文を読むにはバックナンバーを購入する必要があります

藤沢数希のメールマガジン
「週刊金融日記」

藤沢数希
【 料金(税込) 】 864円(税込) / 月
【 発行周期 】 月4回以上配信(毎週日曜日配信予定)

藤沢数希が政治、経済、ビジネス、そして恋愛工学について毎週メルマガをお届けします。不特定多数が閲覧するブログ『金融日記』では書けないディープで具体的なお話が満載。マネーと恋愛に関する経済分析、法律論、リスクマネジメントを中心に情報をお届けします。

※バックナンバーは購読申請時までに発行されている最新号から購読できます