トップ 書籍一覧 メルマガ一覧 ご利用ガイド サロン・通信講座
夜間飛行トップ > やまもといちろうのメールマガジン 「人間迷路」

人間迷路 Vol.216 奨学金論争と大学改革についての雑感、問題のありそうな仮想通貨交換業者のあれこれ、近頃なにかと叩かれる技適マーク周辺などを語る回

2018年02月16日配信

このエントリーをはてなブックマークに追加

216円(税込)でこのバックナンバーを購入する
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃人間迷路┃Vol.216
--奨学金論争と大学改革についての雑感、問題のありそうな仮想通貨交換業者の
あれこれ、近頃なにかと叩かれる技適マーク周辺などを語る回
                           やまもといちろう
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ePub版→http://yakan-hiko.com/EPUB7257
■mobi版→http://yakan-hiko.com/MOBI7257
■web版 →http://yakan-hiko.com/BN7257
                         2018年2月16日発行
……………………………………………………………………………………………
【0.序文】終わらない「大学生の奨学金論争」と疲弊する学びの現場
……………………………………………………………………………………………

 返済しなければならない奨学金を巡っての論争は、私が大学生のころから度々
出ては消える、古式ゆかしい類の階級論争の具になりやすい案件であります。最
近再び降ってわいたのも、大学自体が子供の数の減少で苦しくなる中、大学への
進学率を確保するためにどんどん奨学金という名の学資ローンをぶち込む世界観
が問題になっていることは間違いありません。

 一方で、大学生向けの奨学金は金額にして1%程度、人数にして3%程度の人し
か滞納や破産をしていないということもあって、その制度の性質も含めて金融界
に慣れ過ぎていると「固定金利で年利0.4%程度の奨学金が返済できないなら大
学に行くな」という議論になりやすいのもまた事実です。

 さらに、金額に幅はあるものの100万円から450万円程度がボリュームゾ...

全文を読むにはバックナンバーを購入する必要があります

やまもといちろうのメールマガジン
「人間迷路」

やまもといちろう
【 料金(税込) 】 756円(税込) / 月
【 発行周期 】 月4回前後+号外

ネット業界とゲーム業界の投資界隈では知らぬ者のない独特のポジションを築き、国内海外のコンテンツ制作環境に精通。日本のネット社会最強のウォッチャーの一人であり、また誰よりもプロ野球とシミュレーションゲームを愛する、「元・切込隊長」ことやまもといちろう氏による産業裏事情、時事解説メルマガの決定版!

※バックナンバーは購読申請時までに発行されている最新号から購読できます