トップ 書籍一覧 メルマガ一覧 ご利用ガイド サロン・通信講座
夜間飛行トップ > やまもといちろうのメールマガジン 「人間迷路」

人間迷路 Vol.229 議員数問題に物申しつつ、チャレンジを続けることのむつかしさをあれこれ考えたり、自由気儘だったネットの終焉をそこはかと感じる初夏の号

2018年06月30日配信

このエントリーをはてなブックマークに追加

216円(税込)でこのバックナンバーを購入する
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃人間迷路┃Vol.229
--議員数問題に物申しつつ、チャレンジを続けることのむつかしさをあれこれ考
えたり、自由気儘だったネットの終焉をそこはかと感じる初夏の号
                           やまもといちろう
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ePub版→http://yakan-hiko.com/EPUB7687
■mobi版→http://yakan-hiko.com/MOBI7687
■web版 →http://yakan-hiko.com/BN7687
                         2018年6月30日発行
……………………………………………………………………………………………
【0.序文】国会議員は言うほど減らすべきか?
……………………………………………………………………………………………

 参議院の定数を巡って論争が始まっていますが、自民党提案が定数6増という
内容を巡って賛同と批判が出ております。

参院定数6増、誰が為の改革か 事実上の拘束名簿式復活
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO32012530Q8A620C1PP8000/

 内容としては事実上の拘束名簿への移行が「自民党の身勝手」と批判する内容
です。すなわち、拘束名簿式ではあらかじめ政党が当選順位を決めて候補者リス
トを提出し、有権者は政党名を書いて投票するため、議員の知名度や能力評価、
人気に応じて得票順となる現在の非拘束名簿式よりも政治改革が逆行するのでは
ないか、という指摘があるわけです。

 また、議員を減らす点については、ある種の...

全文を読むにはバックナンバーを購入する必要があります

やまもといちろうのメールマガジン
「人間迷路」

やまもといちろう
【 料金(税込) 】 756円(税込) / 月
【 発行周期 】 月4回前後+号外

ネット業界とゲーム業界の投資界隈では知らぬ者のない独特のポジションを築き、国内海外のコンテンツ制作環境に精通。日本のネット社会最強のウォッチャーの一人であり、また誰よりもプロ野球とシミュレーションゲームを愛する、「元・切込隊長」ことやまもといちろう氏による産業裏事情、時事解説メルマガの決定版!

※バックナンバーは購読申請時までに発行されている最新号から購読できます