トップ 書籍一覧 メルマガ一覧 ご利用ガイド サロン・通信講座
夜間飛行トップ > やまもといちろうのメールマガジン 「人間迷路」

人間迷路 Vol.247 「労働生産性」という数字はなんぞやという話をしつつ、中国マネーやコネクテッドカーの来し方行く末を考える回

2018年12月26日配信

このエントリーをはてなブックマークに追加

216円(税込)でこのバックナンバーを購入する
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃人間迷路┃Vol.247
--「労働生産性」という数字はなんぞやという話をしつつ、中国マネーやコネク
テッドカーの来し方行く末を考える回
                           やまもといちろう
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ePub版→http://yakan-hiko.com/EPUB8231
■mobi版→http://yakan-hiko.com/MOBI8231
■web版 →http://yakan-hiko.com/BN8231
                         2018年12月26日発行
……………………………………………………………………………………………
【0.序文】「日本の労働生産性がG7中で最下位」から日本の労働行政で起きる不
思議なこと
……………………………………………………………………………………………

 あほらしい話なのですが、先日G7で日本の労働生産性が最下位であるというこ
とで、日本企業の労働環境がいかにクソであるかという披露話がTwitterでトレ
ンド入りするほど大きな話題になりました。

 しかしながら、この国際比較で行われる労働生産性は、あくまでその国の国民
総生産を労働者数・労働時間(または購買力平価PPP)で割っただけのものなの
で、実際のところ国民の労働市場に女性が投入されたり、定年退職した高齢者が
嘱託再雇用されると労働生産性は下がってしまいます。

労働生産性の国際比較
https://www.jpc-net.jp/intl_comparison/

 なにより、国民総生産を購買力平価で割るだけですから、輸出産業のために円
安誘導す...

全文を読むにはバックナンバーを購入する必要があります

やまもといちろうのメールマガジン
「人間迷路」

やまもといちろう
【 料金(税込) 】 756円(税込) / 月
【 発行周期 】 月4回前後+号外

ネット業界とゲーム業界の投資界隈では知らぬ者のない独特のポジションを築き、国内海外のコンテンツ制作環境に精通。日本のネット社会最強のウォッチャーの一人であり、また誰よりもプロ野球とシミュレーションゲームを愛する、「元・切込隊長」ことやまもといちろう氏による産業裏事情、時事解説メルマガの決定版!

※バックナンバーは購読申請時までに発行されている最新号から購読できます