トップ 書籍一覧 メルマガ一覧 ご利用ガイド サロン・通信講座
夜間飛行トップ > 本田雅一のメールマガジン 「本田雅一の IT・ネット直球リポート」

「本田雅一の IT・ネット直球リポート」Vol.036「GAFA+Nの存在感、その価値の本質 パート2」

2019年01月11日配信

このエントリーをはてなブックマークに追加

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Presented by 夜間飛行
“The Book Project 夜間飛行”では、次世代の「本」の形を提案します

本田雅一メールマガジン「本田雅一の IT・ネット直球リポート」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2019年1月11日 Vol.036「GAFA+Nの存在感、その価値の本質 パート2」

■ePub版→http://yakan-hiko.com/EPUB8282
■mobi版→http://yakan-hiko.com/MOBI8282
■web版 →http://yakan-hiko.com/BN8282


既に松の内も明けていますが、定番の挨拶ということで「新年、明けましておめ
でとうございます。本年もよろしくお願いいたします。」

昨年末、いろいろとお世話になった方々に挨拶を兼ねて打ち合わせをメールや電
話ではなく、直接お会いして話をしていたのですが、その中でいくつか、“当た
り前だとわかっているけれど、なかなか実践できていなかった”アドバイスをい
ただきました。

ひとつは「望んでいることを隠さず、懸命になって取り組んで、口にも出して、
周りが納得するような行動をしなければならない」と言われたこと。もちろん、
そうやったからといって、必ずしもうまくいくわけではありません。

しかし、口に出さなければ誰もわかってはくれないし、たとえプレゼンテーショ
ンであったとしても、必死になっている姿を見せなければ、気付いてもらえない
し、どこまで本気なのか、どこまで困っているのか(手伝ってやろう、紹介して
やろうと思うかどうか)わからないから、と言われ、納得しました。

僕も誰かが困っていたり、何か新しいことに挑戦している姿を見ると、何か協力
してあげられないかな? と思う性格です。もちろん、自腹を切って何かをする
という意味ではありません。でも、ふと「この人をこの人に紹介した...

全文を読むにはメルマガの定期購読にお申し込み頂く必要があります

本田雅一のメールマガジン
「本田雅一の IT・ネット直球リポート」

本田雅一
【 料金(税込) 】 540円(税込) / 月
【 発行周期 】 毎月2回(第2、4木曜日予定)

IT、AV、カメラなどの深い知識とユーザー体験、評論家としての画、音へのこだわりをベースに、開発の現場、経営の最前線から、ハリウッド関係者など幅広いネットワークを生かして取材。市場の今と次を読み解く本田雅一による活動レポート。

※バックナンバーは購読申請時までに発行されている最新号から購読できます