トップ 書籍一覧 メルマガ一覧 ご利用ガイド サロン・通信講座
夜間飛行トップ > やまもといちろうのメールマガジン 「人間迷路」

人間迷路 Vol.269 韓国を巡って揺れる安全保障問題のあれこれをじっくりと掘り下げつつ、我が家の初めての『女の子』についての報告など

2019年07月31日配信

このエントリーをはてなブックマークに追加

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃人間迷路┃Vol.269
--韓国を巡って揺れる安全保障問題のあれこれをじっくりと掘り下げつつ、我が
家の初めての『女の子』についての報告など
                           やまもといちろう
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ePub版→http://yakan-hiko.com/EPUB8907
■mobi版→http://yakan-hiko.com/MOBI8907
■web版 →http://yakan-hiko.com/BN8907
                         2019年7月31日発行
……………………………………………………………………………………………
【0a.序文1】在韓米軍撤退の見込みで揺れまくる東アジア安全保障と米韓同盟の
漂流
……………………………………………………………………………………………

 ついに「その日が来た」と申しますか、在韓米軍に関するコスト負担を米トラ
ンプ政権が韓国政府に突き付ける事態が激化しまして、騒ぎが広がっています。

「ボルトン氏の訪韓目的は防衛費、5倍をはるかに超える50億ドル要求」
https://japanese.joins.com/article/032/256032.html

 先にこの問題を留保する情報を出しておくと、18年8月13日に成立している米
議会でのNDAA2019により、在韓米軍はその実数において兵力を「22,000以下にす
ること」を禁ずる条項を挿入しており、金額面での交渉をいくらトランプ政権が
韓国文政権に吹っ掛けたとしても完全撤収することは大統領の権限では不可能で
あるということは知っておくべき事項です。

 したがって、一連の在韓米軍撤退の議論においては、完全にアメリカ軍が朝鮮
半島からいなくなるとか、米韓同盟がいきなり解消されるとかいう事態は「現段
階では」ないということは確実です。

H.R.5515 - John S. McCain National Defense Authorization Act for Fiscal
...

全文を読むにはメルマガの定期購読にお申し込み頂く必要があります

やまもといちろうのメールマガジン
「人間迷路」

やまもといちろう
【 料金(税込) 】 756円(税込) / 月
【 発行周期 】 月4回前後+号外

ネット業界とゲーム業界の投資界隈では知らぬ者のない独特のポジションを築き、国内海外のコンテンツ制作環境に精通。日本のネット社会最強のウォッチャーの一人であり、また誰よりもプロ野球とシミュレーションゲームを愛する、「元・切込隊長」ことやまもといちろう氏による産業裏事情、時事解説メルマガの決定版!

※バックナンバーは購読申請時までに発行されている最新号から購読できます