トップ 書籍一覧 メルマガ一覧 ご利用ガイド サロン・通信講座
夜間飛行トップ > やまもといちろうのメールマガジン 「人間迷路」

人間迷路 Vol.276 いよいよ正念場を迎えつつある米中対立について考えつつ、最近のMicrosoftの動きなどにも触れてみる回

2019年10月28日配信

このエントリーをはてなブックマークに追加

220円(税込)でこのバックナンバーを購入する
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃人間迷路┃Vol.276
--いよいよ正念場を迎えつつある米中対立について考えつつ、最近のMicrosoft
の動きなどにも触れてみる回
                           やまもといちろう
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ePub版→http://yakan-hiko.com/EPUB9164
■mobi版→http://yakan-hiko.com/MOBI9164
■web版 →http://yakan-hiko.com/BN9164
                         2019年10月28日発行
……………………………………………………………………………………………
【0.序文】ついにアメリカがペンス副大統領の大演説で対中対立の道筋がついて
しまう
……………………………………………………………………………………………

 「やるぞやるぞ」と言われて、いままで「まあ、そうは言ってもまだ経済面の
競争に過ぎないから」と羽交い絞めのような感じで対応していた米ホワイトハウ
スも、ついにペンス演説が出てしまいました。

ペンス米副大統領、中国は「検閲まで輸出」 演説概要
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO51377650V21C19A0FF8000/

 一年ぶりの大演説となったわけですが、いままで「米中対立というのは中国一
国を押さえれば済むビジネス上の紛争に過ぎない」としてきた俺たちのトランプ
大統領の概念から、一歩も二歩も進んで「中国というのは独裁的な国家体制を輸
出する民主主義の敵である」という概念の戦いとする俺たちのペンス副大統領の
...

全文を読むにはバックナンバーを購入する必要があります

やまもといちろうのメールマガジン
「人間迷路」

やまもといちろう
【 料金(税込) 】 770円(税込) / 月
【 発行周期 】 月4回前後+号外

ネット業界とゲーム業界の投資界隈では知らぬ者のない独特のポジションを築き、国内海外のコンテンツ制作環境に精通。日本のネット社会最強のウォッチャーの一人であり、また誰よりもプロ野球とシミュレーションゲームを愛する、「元・切込隊長」ことやまもといちろう氏による産業裏事情、時事解説メルマガの決定版!

※バックナンバーは購読申請時までに発行されている最新号から購読できます