トップ 書籍一覧 メルマガ一覧 ご利用ガイド サロン・通信講座
夜間飛行トップ > 本田雅一のメールマガジン 「本田雅一の IT・ネット直球リポート」

「本田雅一の IT・ネット直球リポート」Vol.056「炎上事例にみる“新しいデジタルデバイド”。見えている景色が異なることによる不幸の連鎖」

2019年11月12日配信

このエントリーをはてなブックマークに追加

330円(税込)でこのバックナンバーを購入する
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Presented by 夜間飛行
“The Book Project 夜間飛行”では、次世代の「本」の形を提案します

本田雅一メールマガジン「本田雅一の IT・ネット直球リポート」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2019年11月12日 Vol.056「炎上事例にみる“新しいデジタルデバイド”。見え
ている景色が異なることによる不幸の連鎖」

■ePub版→http://yakan-hiko.com/EPUB9216
■mobi版→http://yakan-hiko.com/MOBI9216
■web版 →http://yakan-hiko.com/BN9216


僕も寄稿している『東洋経済オンライン』のトップアクセスに、目を疑うような
記事があり、かなり驚いてしまいました。そこには、「4Kテレビの多くは輝度が
不足していて、4Kテレビ放送を美しく表示するために必要な要件を満たしていな
い」とありました。不思議に思っていると、実はいつも取材しているメーカー担
当者が「取材を受けたのでていねいに説明したのですが……」と、憤りを超えて
残念そうにしていました。

記事の中では、まるでエンドユーザーを騙しているかのように書かれているので
すが、事実ではありません。詳細は専門誌などで発信しようと思っていますが、
明らかな誤りを強く発信することは、本来ある問題の解決を遅らせることになる
でしょう。

ところが、この記事を書いている朝日新聞の記者は、自社の新聞、ウェブで発信
した後に、この問題を広く知らしめようと、繰り返しさまざまな媒体に寄稿して
いました。そのうちのひとつが、上記の東洋経済オンラインだったという...

全文を読むにはバックナンバーを購入する必要があります

本田雅一のメールマガジン
「本田雅一の IT・ネット直球リポート」

本田雅一
【 料金(税込) 】 550円(税込) / 月
【 発行周期 】 毎月2回(第2、4木曜日予定)

IT、AV、カメラなどの深い知識とユーザー体験、評論家としての画、音へのこだわりをベースに、開発の現場、経営の最前線から、ハリウッド関係者など幅広いネットワークを生かして取材。市場の今と次を読み解く本田雅一による活動レポート。

※バックナンバーは購読申請時までに発行されている最新号から購読できます