トップ 書籍一覧 メルマガ一覧 ご利用ガイド サロン・通信講座
夜間飛行トップ > 川端裕人のメールマガジン 「秘密基地からハッシン!」

小説家・川端裕人のメールマガジン『秘密基地からハッシン!』Vol.030<オランウータンの森を訪ねて~ボルネオ島ダナムバレイ(1)/「ロケット小説」を書いたら、宇宙に手が届きそうになった/バンクーバーの鯨類飼育/改めて「かけ算問題」/ドードー連載/再読企画>ほか

2016年12月16日配信

このエントリーをはてなブックマークに追加

432円(税込)でこのバックナンバーを購入する
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Presented by 夜間飛行
“The Book Project 夜間飛行"では、次世代の「本」の形を提案します

小説家・川端裕人のメールマガジン 『秘密基地からハッシン!』

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2016年12月17日Vol.030<オランウータンの森を訪ねて~ボルネオ島ダナムバレイ
(1)/「ロケット小説」を書いたら、宇宙に手が届きそうになった/バンクー
バーの鯨類飼育/改めて「かけ算問題」/ドードー連載/再読企画>ほか

■ePub版→http://yakan-hiko.com/EPUB5874
■mobi版→http://yakan-hiko.com/MOBI5874
■web版 →http://yakan-hiko.com/BN5874

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
目次

01:アマゾンマナティを追いかけて(9)チノの村
02:keep me posted~ニュースの時間/次の取材はこれだ!(未定)
03:オランウータンの森を訪ねて~ボルネオ島ダナムバレイ(1)
04:宇宙通信: 「ロケット小説」を書いたら、宇宙に手が届きそうになった
05:秘密基地で考えるその1:バンクーバーの鯨類飼育、その後
06:秘密基地で考えるその2:改めて「かけ算問題」について考えた
07:連載・ドードーをめぐる堂々めぐり(30)ドードーを追ってプラハ国立博物館へ
08:著書のご案内・イベント告知など
09:特別付録「動物園にできること」を再読する(16)第五章「幸せなクマさんを
さがして」コメント編後半


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2016年最後の配信です。

本年、諸々、お付き合い頂きありがとうございました。

1年を振り返ってみると、今年は──

...

全文を読むにはバックナンバーを購入する必要があります

川端裕人のメールマガジン
「秘密基地からハッシン!」

川端裕人
【 料金(税込) 】 864円(税込) / 月
【 発行周期 】 月2回以上

生き物のこと。野生生物や動物園・水族館、そして、今はもう博物館にしかいない絶滅生物。宇宙のこと。民間から国レベルまで、どんどん進む宇宙開発。宇宙を観測する天文台や人工衛星。様々な分野のサイエンス(科学、理学)やエンジニアリング(工学)。 ぼくたちのまわりには、なんともまあ、色とりどりでな世界が広がっていることでしょう。すべてが手放しで喜べるものではないにしても、子どもの頃、小さな目に映っていたワクワクとドキドキをさらに上回る速度で、この世界は加速しているようです。 ジンルイの数万年の歴史や、地球の数十億年の歴史や、宇宙の百数十億年の歴史の上にのっかって、どれだけ遠くに、ぼくたちは行けるのでしょうか。 そんなことを考えつつ、きょうも明日も、関心の赴くまま旅をします。 数十億年、百数十億年の旅にご一緒しませんか。一緒に感じたり、考えたりしませんか。これまでに紡がれた歴史も、これから開ける未来も、ぼくらの手のひらの中。そのようなメルマガです。

※バックナンバーは購読申請時までに発行されている最新号から購読できます